So-net無料ブログ作成
腰痛・ぎっくり腰 ブログトップ

その癖、腰が曲がりますよ! [腰痛・ぎっくり腰]

133519.jpg
床にある物を拾う時に
あなたはどんな姿勢をしてますか?

膝を曲げず
腰だけ曲げていませんか?

ある時は
腰だけまげて
片足をあげて
モノを取ったりしてませんか?

これは近い未来に腰が曲がる兆候です

腰が伸びなくなってしまいます

なので、お行儀よく
膝を曲げて(女性は両膝を閉じて)
モノを拾うように気を付けてみてください

膝が曲がらない人は
脚の筋肉を良くストレッチして
足首も柔らかくして
曲がるように努力してみましょうね

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

くしゃみで”ぎっくり腰”? [腰痛・ぎっくり腰]

331005.jpg
以前 『春の「土用」は要注意』
でもお話しましたが
引越しシーズンだから…ではなく
春は地の気が強まるため
ぎっくり腰が流行る季節です

つまり、重たい荷物を持ったとか
具体的な理由もなく
ぎっくり腰になってしまう人が多いのです

中でも特に多いのが
くしゃみ です
こちらも春にはつきものですから
くしゃみでぎっくり腰
他人ごとではないのです

くしゃみをしそうになったら
・くしゃみをこらえない
・座って、身体を安定させるのが大切

不用意にくしゃみをしないでくださいね

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

社長座りは腰痛のモト! [腰痛・ぎっくり腰]

ilm19_ca02034-s (1).jpg
春の土用に要注意 で申し上げたように
やはりこの季節は
急性腰痛症(いわゆるぎっくり腰)
になる方が多くいらっしゃいます

腰痛の原因は様々ではありますが
普段の生活習慣は大きな原因のひとつです

特にビジネスマンに多いのが
「社長さん座り」

このイラストのように
腰を少し前にずらして座る人です

不思議なことに、偉そうな人ほど
こういう姿勢を常にしているように思います

これは腰の骨にひどく負担をかける姿勢です
腰骨はまっすぐ立てて座りましょう

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
http://higasiginza.net/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

両腕を振って歩こう [腰痛・ぎっくり腰]

sanpo.jpg
軽い腰痛の方にお勧めしたいのが
今日のタイトル
「両腕を振って歩こう」です

荷物など何も持たないで
両腕を軽く振りながら
歩いてみますと
筋肉のバランスが回復し
筋肉を栄養する血流が改善します

腰痛だから安静ではなく
腰痛だから動かしてほぐしてやるのです

何も持たずに歩くためには
何か用事があってはなかなかできないものです
用事もないのに歩くというのは
多少の余裕が必要です

そのくらいの余裕があれば
ストレスも減り
軽い腰痛なら治ってしまいます

是非お試しください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
http://higasiginza.net/

ぎっくり腰は秋と春に流行る?! [腰痛・ぎっくり腰]

急に寒くなりました

冬支度が間に合わない!
という方も多いのでは…
こんな時期は風邪を引きやすいので
皆さん気をつけていらっしゃると思います

ところで 急性腰痛症 
いわゆる”ぎっくり腰”も
この時期に増えるのをご存知でしょうか

以前ぎっくり腰を経験された方は
是非是非予防をしてください
身動きできなくなる前に
冷えて固くなった腰周りの筋肉を緩めて温め
代謝をあげて全身のバランスを整えましょう

重たいものを持たないようにしているから大丈夫…
…ではありません

ほんのちょっとした動作で
ぎっくり腰は襲ってきます

まだなっていない方は今がチャンス!
もちろんなってしまった方も
是非当院へお越し下さい

東銀座整骨・整体・鍼灸院
http://higasiginza.net/

春の「土用」は要注意 [腰痛・ぎっくり腰]

今日は春の土用入り。
土用といえば、鰻ののぼりが目立つ夏の土用が有名ですが
実は年に4回ある、いわば季節の変わり目です。

立春、立夏、立秋、立冬 直前の約18日間を指し
最終日を「節分」といいます。
現代では冬の節分が有名ですが
実際は季節を分ける日なのですから
やはりこちらも年に4回巡ってきます。

今年の春の土用は今日から5月4日までだそうですが
「なるほど、このアタリで毎年体調を崩しているな」
と思い当たる方はいらっしゃいませんか?

単に 季節の変わり目だから…
気温の変化が大きいから… だけではなく、
土用の間は土の気(エネルギー)が盛んになる時期なので
それをまともに受けるのはなるべく避けた方がよいと考えられています。

夏の土用は暑いし、秋の土用はだんだん寒くなるし、冬の土用はとても寒いので
外に出る機会はそんなに増えたりしません。
ところが春の土用あたりは、花は咲くし、日差しは暖かいし、外に出ずにはいられなくなります。
そして外で過ごしすぎると体調を崩しやすいのがこの時期の土用です。

この考え方は五行説(ごぎょうせつ)といって
古代中国に端を発する自然哲学の思想に基づくもの。
自然とともに生きていく私達は
古代の教えをもう一度紐解いて
知恵を借りる必要がありそうです。

東銀座整骨・鍼灸・整体院
PCの方
モバイルの方

観ればわかる、背中の不調 [腰痛・ぎっくり腰]

急に寒くなったせいか
長い夏の疲れからか
腰の不調で来院される患者さんが多くなりました。
慢性の腰痛はもちろん
軽度~重度のぎっくり腰の方が目立ちます。

そこで、誰にでも起こり得る「恐怖のぎっくり腰」
未然に防ぐための「背中の見方」「背中の観察のしかた」
お話しましょう。

残念ながら自分で自分の背中をじっくり見ることは難しいので
家族やパートナー同士で実践してください。

①まずは相手をうつぶせに寝せます
②背中をよく観察します
A:起伏はありますか?特にふくらんでいたり、逆にへこんでいたり
 でこぼこしているところはありませんか?
B:色はどうでしょうか?ずんでいたり、シミのようなものができていませんか?
C:は生えていませんか?
⑤暖かい手で触ってみてください
D:力なくへこむところはありませんか?
E:冷たいところはありませんか?

以上の観察で
当てはまる項目がひとつでもあって
何となく腰に自信がない方は
まずは腰を冷やさぬよう気をつけて(なるべくなら温めて)お過ごしください。

東京近郊の方は是非当院へお越しください。
偏った筋肉のバランスを整え、冷えを取り、
ぎっくり腰などを未然に防ぐお手伝いをします。

東銀座整骨・鍼灸・整体院
PCの方
モバイルの方

東銀座整骨院における「ぎっくり腰」の治療法 [腰痛・ぎっくり腰]

腰の部分の骨(椎骨)を、腰椎(ようつい)といいます。
第一~第五腰椎まで五個の骨が繋がっています。

この五個の骨が何かの拍子
例えば重いものを持ったり
急な体幹の捻転時などに周囲の組織などがバランスを崩し
神経や血管を圧迫して急性の腰痛を起こし
鋭い痛みが発生するのを通称「ぎっくり腰」と呼びます。
「ぎっくり腰」は正確には急性腰痛症、突発性腰痛症と言います。

現在では「ストレス」によっても発症すると言われていますから
誰にでも起こり得る厄介な症状です。

当然のことながら、腰椎はお尻の上にのっている骨です。
周りには筋肉があり、前方には泌尿器や消化器もあります。
つまり様々な組織と相関関係があるわけです。

ですからその治療は腰部のみを冷やしたりマッサージしたりせず
腰部から離れた場所から遠隔操作することで
腰部および周りの筋肉を緩めバランスを整えていきます。

具体的には患者さんを仰向けにし、両足の指を廻し刺激を与えて
腹部・腰部の筋肉を緩めます。
次に両手を上に引き肋骨に刺激を与えて背中の筋肉を緩めます。
最後にうつぶせにして臀部の筋肉を緩めます。
この治療を何度か行うことでほぼ痛みが和らぎ、治癒に向います。
また日常的に続けることで再発防止が期待できるのです。

突然のぎっくり腰でびっくりしないよう
無理のない生活を心がけましょう。

東銀座整骨・鍼灸・整体院
PCの方
モバイルの方

最近『あぐら』かいてますか?・・・股関節ストレッチのススメ [腰痛・ぎっくり腰]

古代インド発祥の修行法であるヨガには
「合せきのポーズ」という
両足の裏を揃えて座り、足の親指を持ち
仙骨をまっすぐに立てるポーズがあります。

因果関係は定かではありませんが
インドの男性は泌尿器系の病気がとても少ないのだそうです。

日本人もついこの間までは床に座ってあぐらをかいていましたが
今は椅子の生活でなかなかあぐらをかきません。

股関節は歩行するときに最初に動かす関節で
上半身と下半身をつなぐ大切な関節です。

腰や背中、脚を支える太い筋肉が多数股関節に付着しているため
硬くなりやすいのも特徴です。

股関節が硬くなると体の動きが悪くなり
股関節部周囲の神経・血管・リンパ管を圧迫し、循環が滞ります。
すると腰痛や下肢の冷えによる様々な免疫疾患の原因のひとつになると考えられています。

つまり前述の「泌尿器系の病気」
例えば前立腺肥大や前立腺癌なども股関節の循環不全が原因のひとつかもしれません。

股関節を軟らかくするには

①日常からあぐらをかく
②仰向けになって両足を抱える
③相撲のしこをふむ

これだけでも随分効果があります。
是非お試しください。

東銀座整骨・鍼灸・整体院
PCの方
モバイルの方
腰痛・ぎっくり腰 ブログトップ