So-net無料ブログ作成
検索選択
転倒防止・体力強化 ブログトップ
前の10件 | -

骨を丈夫にするスゴイ食材って… [転倒防止・体力強化]

818922.jpg
ご高齢の女性の患者さんが自転車で転倒されました

骨が折れても不思議はないような転倒だったのに
骨に異常はありませんでした
それどころか その他の関節などにもほとんど変形は見られず
しかも骨密度がその年齢の平均と比較すると168%もあり
脅威的に骨が丈夫だとお医者さんにお墨付きをもらったそうです

お医者さんがおっしゃるには
遺伝もあるでしょうけど、こんな人は見たことがない…とか

この方はそもそも運動嫌いでお腹が弱いので牛乳も飲みません
いったいどこにその秘密があるのか不思議に思い話を聞いてみると
育った故郷が干し椎茸の産地だったため
ほとんど毎日干し椎茸を食べている というのです
煮物はもちろん、ミートソースにも、春巻きにも、冷やし中華にも 
何でもかんでも干し椎茸を入れるそうです

干し椎茸はエルゴステロールという物質が含まれていて
このエルゴステロールは体内でビタミンDに変化し、
カルシウムの体内代謝に深くかかわっていて骨を丈夫にするそうです

干し椎茸はその他にも
癌の抑制、血圧管理、便秘の解消、動脈硬化の予防など
様々な疾患に貢献すると言われています

何度も言いますが 転倒→骨折→寝たきり→認知症 を断ち切るために
まずは転倒しない身体作り、骨折しない身体作りを
早いうちからはじめておきましょう

ちなみにこの患者さん、骨折はなかったのですが
打撲による身体のバランスの崩れで
今は週に1度、整体&鍼灸を受けていらっしゃいます

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

つま先立ちをしてみよう!上級編 [転倒防止・体力強化]

220247.jpg
足の指をしっかり伸ばして開いての爪先立ち
上手くなりましたか?

できるようになったところで挑戦したいのは
かかとをくっつけたままの爪先立ちです

①まっすぐ立ちます
②かかとをつけたまま足先を45度広げます
③かかとをつけたままつま先で立ちます

このとき、かかとが離れないようにするために
足の内側(内転筋)に力を入れます
下腹にも力を入れます
お尻もきゅっと閉めます

もちろんこの前申し上げた
足指をしっかり伸ばして開くことも忘れずに

あまり高くあげなくていいので
何度も練習してみてください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

爪先立ちをしてみよう! [転倒防止・体力強化]

563555.jpg
年末年始のご挨拶もしないまま
気づいたら1月も下旬になってしまいました

今年の関東はお正月はとても穏やかでしたが
現在は空気がキンキンに冷えており
さらにカラカラに乾燥
雪に悩む地方の方には申し訳ないくらいの快晴ですが
関節の痛みを訴える方
風邪やインフルエンザの後遺症を訴える方の
ご来院が増えています

さて、今日はカンタンな動作をひとつ
「爪先立ち」をしてみましょう

なんだ、そんなのカンタン

…ともいかないんです

大人になってから爪先立ちになることなんて
高いものを取るときや、高いところを掃除するときくらい
意識して爪先立ちになることなんてほとんどありません
だからまずはヨロヨロします
何処かにつかまりながらやってみましょう

さて、その時に注目したいのは
足の指です

指が曲がってませんか?
爪先立ちしながら、指がグーになったりしてませんか?
指は5本ともしっかりと開いてください
開いた状態で立ちましょう

なかなか難しいですが
練習していくうちにできるようになります

指が曲がっていた人は
普段から靴の中でも指が曲がっています
特にヒールでは曲がりっぱなし…

きちんと指が使えてないということは
膝や股関節や足首や腰に負担がかかっているということ
この癖を治すためにも
爪先立ちで指を使う練習をしましょう

次回は更にステップアップした爪先立ちをご紹介します
それまでしっかり練習してくださいね

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

立ったままで靴下を履けますか? [転倒防止・体力強化]

637432.jpg
靴下やズボンを履くときに
立ったまま履くためには

股関節や膝関節、足首の柔軟性
背骨や腰の骨の柔軟性
そしてバランス感覚

これらが必要になってきます

いつの日からか
ぐらぐらして履けなくなったり
どうしても靴下が足にはまらなくなったり…

立ったまま履くなんてそもそも
行儀が悪いことだから
そんなことできなくてもかまわない…

と思ったら大間違い
脚や背骨の柔軟性やバランス感覚が失われていくと
将来の寝たきりにつながるからです

40代、50代はもちろん
60代でも
まだ間に合います

立ったままで靴下を履けますか?

危なくない場所で
一度試してみてください


東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

10月10日はテントウ予防の日! [転倒防止・体力強化]

577091.jpg
明日は体育の日、そして 
日本転倒予防学会が決めた
転倒予防の日…なんだそうです

面白い川柳で啓蒙活動もしているようで
明日も新聞に公告が出ると思います
是非チェックしてみてください

高齢者が一番転倒しやすい場所は
意外なことに「自宅」です
めくれやすいジュータンに引っかかって
床に投げていた洋服に足がからまって
…と
何でもないような場所で
転倒→骨折→寝こむ→筋力低下→歩行困難→認知症

日ごろからの運動や柔軟体操
栄養に気を配る
危険な場所のチェック
などが大切です

もちろん私達治療家は
お身体を拝見して
転びにくい体形作りのお手伝いができます

10月10日は体育の日
そしてテントウ予防の日

若いうちから自分のこととして
考え、実行して参りましょう

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

股関節をゆるめる [転倒防止・体力強化]

054177.jpg
先日、ある方に誘われて
初めて本格的な「能」を拝見しました

多分眠ってしまうだろうと思っていましたが
あまりの美しさに魅了され
3時間があっという間に過ぎ去りました

能楽の「の」の字も知らない私にとって
何が美しいかといえば
舞台そのもの。
流れ、衣装、声色、役者の動き、楽器の音色…
全てです

職業柄、特に身体の動きというものに着目してしまいますが
鍛えられた体幹、下半身の強さ、
そして何より「柔らかい股関節」が目に留まります

手首、足首、頸・・・ 
これらの関節は
誰でも幼いころからよく回していると思います
最近は肩関節も良く回しなさいと
肩こり防止などの番組で言っています

ところが忘れているのは股関節
ここも関節なんですね
身体の中で最も大きくて、大変重要な関節です

股関節をゆるめる
イメージできますか?

わからない方は是非当院へ
股関節をゆるめる他動運動で
その感覚を味わっていただき
普段ご自分でもできる運動を
お教えいたします

関節の周りの筋肉をほぐし
関節の動きを良くしておくこと

これが将来の転倒防止の秘訣です

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

人生は振り返らない、でも振り返る運動はしよう! [転倒防止・体力強化]

motn007-s.jpg
数多くの失敗を重ねて今日まで参りましたが
くよくよと振り返っても仕方がない
前を向いて何とか生きていきたいものです

さて、今日は振り返る運動です
背後から何やら不穏な気配…
振り返ろう!と思って頸を回したとたん
「ぐきっ!痛!」
なんてことになりませんか?

頸が凝っている人は
頸を回してみたり、揉んでみたり
無意識にするものですが
振り返る動作を忘れている人が多いように思います

身体はまっすぐ
頸から上だけを水平に左に、右に、
後ろにあるものがどれだけ見えますか?

頸の運動は
前、後ろ、右横、左横、右斜め前、左斜め前、そして…
右に振り返る、左に振り返る

これを忘れないでくださいね!

注:前、右横、左横、右斜め前、左斜め前の時は片手で負荷をかけましょう

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

美脚を目指すならねじってはダメ [転倒防止・体力強化]

ilm06_aa06008-s.gif
駅のホームで人観察をすると
かならずいらっしゃるのが
脚をねじって立っている人
特に女性に多いようです

脚の内側の筋力が弱いため
ねじることで無意識に楽な姿勢を取っています

これではますます脚の内側の筋力がなくなり
逆に外側の筋力がバランス悪く発達し
骨盤は開き
O脚へとまっしぐらです
股関節や膝に負担がかかり
膝から腰にも負担がかかり…と
良いことはひとつもありません

正しい休めの姿勢は
左右どちらにも同じ体重をかけて立つこと
バレリーナの立ち姿勢のような
足を外側に開いてほんの少し前後にずらして立つと楽でしょうか

美しく立つことで内側の筋力が養われ
将来の健康と美脚を手に入れられる…というわけです

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
http://higasiginza.net/


生活に”正座”を取り入れよう [転倒防止・体力強化]

cnd526-s.jpg

正座、してますか?

日本人の文化であった”正座”ですが
最近はする必要のない生活様式に変わってしまいました

高齢者はもちろん、子供も若者も中高年も
正座をする機会がほとんどありません

正座の良いところは
足首を背屈(座っているとき)
伸展(立ち上がるとき)できることです

これが自然と
足首を柔らかく保っていたのです

ちゃぶ台で食事は無理でも
家事や生活の中に
正座を組み入れてみませんか?

例えば洗濯物をたたむ時…
子供と向き合って話をする時…

サリーちゃんの足首にならないためにも
是非日々の生活に
”正座”を取り入れてみてくださいね

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
http://higasiginza.net/

足の親指曲がりますか?再び「下駄」のお勧め [転倒防止・体力強化]

ilm02_bd16007-s.jpg

先日、何名かの70代後半の方と
接する機会がありました

脚全体を拝見すると
やや外側に広がり”O型”になっています

ちなみに足指を使って
布をつかんでいただきました

親指だけ関節が曲がらず
取り残されたような状態で
親指以外の4本の指で布をつかまれました

以前このブログでご紹介した
「綱渡り」運動をしていただくと
目を開けた状態でも立っていることができません

つまり立位で親指が機能していないことを証明しているのです

年を重ねると
どうしても脚の内側の筋肉を使わなくなり
外側ばかりに重力がかかる状態になります

こうなると膝や腰に偏った力が加わり
痛んだり損傷したりしてきます
転びやすくもなります

さて
貴方は足の指5本すべてを使って
布をつかむことができるでしょうか?

日ごろから親指を使うためには
下駄をはいて散歩をするのが
一番手っ取り早いように思います

話が飛びますが
パリの大人たちの間ではランドセルが注目されているとか

そのうち「下駄」
注目されるファッションアイテムになるかもしれません

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
http://higasiginza.net/
前の10件 | - 転倒防止・体力強化 ブログトップ