So-net無料ブログ作成
口腔ケア ブログトップ

誤嚥性肺炎…実は寝ている時に起こる [口腔ケア]

652721.jpg
誤嚥性肺炎…
と聞くと

①高齢者の病気
②食べ物などが誤って肺に入る
③死につながることもある

このくらいの知識は誰でもあると思います

私も実際にこの目で見るまではこの程度でした

ところが
もう一つ重要なことを忘れがちだということを知りました

寝ている時に口腔内の細菌が誤って
肺に入ることで誤嚥を起す人がとても多いのです

さらに、普通の肺炎と誤嚥性肺炎
見分けることができない医師もいるということも知りました

そして見分けることができないでいると
いつのまにか症状が進行してしまい、
気づいたら 寝たきり→死亡
これがこの病気の恐いところです

ではどこに特徴があるのでしょうか

・高齢者である
・湿った咳を常にしている
・突然熱が出る(簡単に下がることもある)
・入れ歯であったり、口腔内にトラブルを抱えている
・痰がすごく多くて痰の色が茶色
・食欲がない
・寝ることが多い
・ひどくなると幻覚症状も出る(認知症と間違えやすい)
・炎症が背中側に出ることが多い
・薬がなかなか効かない(一度効いても再発をくりかえす)

もちろん
誤嚥性肺炎であることに早く気づくのが一番
専門医(呼吸器内科)に診せ、薬を投与します

再発を防ぐには
・身体を起す時間を増やす(特に食後はすぐ横にならない)
・口腔ケアをしっかりやる(入れ歯の手入れ、口腔内を清潔に)
・嚥下リハビリをする

また、若いころの喫煙は
肺の環境を悪化させるため
細菌が巣を作りやすいとのこと

喫煙のリスクは癌だけではないということも
知っておきたい知識です

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

鼻の下、伸びてませんか? [口腔ケア]

247694.jpg
美しい女性を見ているからではないのですが
何となく最近、鏡を見るたび
鼻の下が長くなったか?と感じてしまいます
口の周りの筋肉が
下がってきているからでしょうか
何だか間延びしたような気がするのです

自分でもっと口を下げてみると
文句ない老け顔に…
逆に口角をあげて笑顔を作ると
多少は若返る?

ともかく、口の周りの筋肉は
あえて鍛えないとどんどん衰えます
「口は災いのもと」でお伝えした
おもいきり「あ」「い」「う」「べ~(舌を出す)」と声を出す
「あいうべ体操」
天井を向いて舌を思い切り上やヨコに出す
「舌根体操」
他人とおしゃべりすること
声を出して笑うこと

これらをすることは
唾液が沢山出るので免疫も上がるし
年をとってからの誤嚥も防ぐし
良いことづくめ

おしゃべりは苦手
何でもネットで…
なんて言ってたら
あっという間に老けてしまうかも

さて、貴方の鼻の下
伸びていませんよね?

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

歯茎の腫れに効くツボは…! [口腔ケア]

ilm19_cb02054-s.jpg
お灸女子にはまだ関係ないかもしれませんが
私くらいの年齢になると

メンテナンスを怠ったり
疲れがたまったりすると
歯茎が腫れて痛む
ということがたまにあります

こんな時も「お灸」です

かかとの骨とアキレス腱の移行部に
何回かお灸をするだけで

痛くて噛めないほどの
歯茎の腫れも治まります

このツボは
お灸の世界で大変権威のある
「深谷灸」の先生から教わりました

先日実際に試してみて
その効果のすごさに
改めて関心いたしました

対処療法としてだけでなく
日ごろからここにお灸をしていると
歯茎のトラブルが減ってくるのだそうです

是非お試しください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
口腔ケア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。