So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

苦味は植物が自らを守る毒だった! [子供の健康]

705146.jpg
東洋医学では五行という考えがあります

味には5味といって 
酸っぱいもの、
苦いもの、
甘いもの、
辛いもの、
しょっぱいもの 
とあり
それぞれが 
肝、心、脾、肺、腎 
に対応しています

9月1日は子供の自殺が最も多い日なのだそうです
悲しいことだと思います

子供たちは
私の時代では考えられないほど
多くのストレスを抱えているのでしょう

けれども親がそのストレスを
全て肩代わりすることはできません

なので大人はせめて「生きる力」をプレゼントしてやりたいものです

そこで「食事」を見直してみませんか
子供にも「苦いもの」を食べさせてほしいのです

苦味は食物が出す少量の毒です
食物が自らを守るために毒を出しているのだそうです

だから苦いものを食べることはストレスに強くなることに
つながるのかもしれません

ピーマンがキライ
ゴーヤがキライ

子供の言うままにせず
苦味も食卓に取り入れましょう

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院