So-net無料ブログ作成

ひどい打撲…内出血には「お灸」 [怪我]

911036.jpg
当院のスタッフが自転車同士の事故に遭いました
新年早々で本人もショックを受けていますが
とにかく早期治療が大切です

膝下から足首にかけてタイヤに挟まれ
ふくらはぎが紫色に内出血していていかにも痛そうです

そこでまずはアイシング
10分くらいアイスノンのようなもので冷やします
そのあとは1時間くらい湿布をします
湿布をはずし、痛みを軽減するために軽く固定
次に足を少し高めに上げて今日は安静です
お風呂もやめておきます

さて、ここからが本番です
もぐさでひねったお灸をします
組織を痛めているからでしょうか
なかなか熱さを感じないようです
いくつもお灸をすると
カチカチだった創傷部が少し柔らかくなり
1度の治療でかなり変化したそうです

それから約10日
治療は続けています
まだまだ内出血は引きませんが
かなり色は薄くなり
痛みも減ってきたそうです

打撲にはお灸が効くのだということが
身を持ってわかったと言ってます

打撲したら
「湿布」ではなく「お灸」です
お怪我にも鍼灸をお試しください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージ院


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

りんご病が流行ってる・・・ママがうつったら大変 [子供の健康]

187794.jpg
現在首都圏や東北を中心に流行している
りんご病
パルボウィルスが原因で
風邪と似たような症状が起こり
収束するころに両頬がりんごのような色になる
子供の病気です

子供と接触の多いママは
くしゃみのしぶきや手や物の接触を介して
うつることもあり
子供の発症から2週間後くらいに症状が出ます

ところがママの症状は子供とは違い
体中の関節が痛んだり
むくんだり
起き上がることもできなくなったり
発熱や倦怠感などかなり重篤な症状が現れる場合があります
もちろん個人差もあり
何も自覚症状のないまますんでしまう人もいらっしゃいます

子供はほとんど問題なく治り
ママも辛い症状が出ても治る病気ですが
もしもママが妊婦さんだったら
胎児に悪影響を及ぼし
流産や死産につながる恐れもあるので大問題です

子供とママが同じコップで飲み物を飲んだり
子供の食べかけたものを食べたり
同じタオルを使ったりするのは
なるべく避けて
うがい手洗いを施行し
感染に気を付けて過ごしてください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージ院

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不要な抗生物質、希望するから処方するってホント? [風邪・インフルエンザ]

1246283.jpg
明けましておめでとうございます
本年も皆様にとりまして健康な1年でありますことを
心よりお祈り申し上げます

さて、風邪の季節です
風邪で熱が出て医療機関を受診した人に話を聞くと
必ずといっていいほど
「抗生物質」が処方されています
赤ちゃんでも小さなお子さんでも大人でも高齢者でも

もちろん、重篤な場合や他の病気を併発している人
弱っているお年寄り、肺炎をくりかえす、中耳炎に移行する…などなど
その他感染症予防のための抗生物質の有用性は承知しています
ここで問題にしたいのは
まぁ、多分大人しく寝ていれば数日で治るであろう
普通の風邪です

政府は抗生物質の乱用に危機感を持ったのか
抗生物質を乱用しないよう広告を出しています
年末に広げた週刊誌にも見開きカラーで広告が出ていました

これに関連する新聞記事なども調べてみたところ
何だか腑に落ちない・・・

多くの医療機関は
患者が希望するから
必要なくても
抗生物質を処方するのだと書いてあるのです

まぁ、そういう事例も少なからずあるのでしょうが
先生に出す薬を指示できる患者さんって
そんなにいるんでしょうか?

さらに言えば、この広告の左端に
「守ってください」という覧があります
抗生物質を処方されたら医師や薬剤師の指示に従って飲みきる
と書かれています

う~ん 
風邪には抗生物質は聞かないよって政府は言ってるのに
単なる風邪で抗生物質を処方されても
ここには飲みきれって書いてある
患者としては悩むなぁ

これは
医師自体が単なる風邪患者には抗生物質は処方しない
という前提がないとダメなんじゃないか

と思ってしまいます
しかしそれも多分難しいのだと思います

ならば自衛しかありません
風邪に限らないのです
・自分が飲む薬に関心を持ち
・その有用性を知った上で正しく飲み
・そして薬には必ず副作用があることを忘れてはいけない
・何より単なる風邪で医療機関を簡単に受診しない

そして先生に嫌われても 
「この薬は何故必要なの?」
と伺ってみることも大切かもしれません

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージ院
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康