So-net無料ブログ作成

ひどい打撲…内出血には「お灸」 [怪我]

911036.jpg
当院のスタッフが自転車同士の事故に遭いました
新年早々で本人もショックを受けていますが
とにかく早期治療が大切です

膝下から足首にかけてタイヤに挟まれ
ふくらはぎが紫色に内出血していていかにも痛そうです

そこでまずはアイシング
10分くらいアイスノンのようなもので冷やします
そのあとは1時間くらい湿布をします
湿布をはずし、痛みを軽減するために軽く固定
次に足を少し高めに上げて今日は安静です
お風呂もやめておきます

さて、ここからが本番です
もぐさでひねったお灸をします
組織を痛めているからでしょうか
なかなか熱さを感じないようです
いくつもお灸をすると
カチカチだった創傷部が少し柔らかくなり
1度の治療でかなり変化したそうです

それから約10日
治療は続けています
まだまだ内出血は引きませんが
かなり色は薄くなり
痛みも減ってきたそうです

打撲にはお灸が効くのだということが
身を持ってわかったと言ってます

打撲したら
「湿布」ではなく「お灸」です
お怪我にも鍼灸をお試しください

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージ院


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

やけど…流水で冷やすのが鉄則 [怪我]

653776.jpg
早いもので今日は大晦日!
バタバタと新しい年を迎える準備をされている方も多いのでは

こんな時に気を付けたいのが
お怪我です
ぎっくり腰、転倒、火傷など
慌ててついうっかり…気を付けたいものですが
応急処置を頭にいれておくことも大切です

今日は 火傷の応急処置についてお話します

火傷なら冷やすのが一番でしょう

と誰でもご存知だとは思いますが
案外、しっかり冷やさないで薬を塗ってしまう人が多いのです

この時期、流水で10分も冷やすのは痛いくらいですし
ちょっと冷やすと痛みが消えたような気になるのですが
実はこの 「流水でしっかり冷やす」 のが 
一番大切です
ここが 跡が残るか残らないかの境目といってもよいくらい

氷を当てる、冷却シートを貼る、ではダメなんです
「流水」がポイントです

来年も明るい一年でありますように
今年も大変お世話になりありがとうございました

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院・マッサージ院 院長 関 修一

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康